山形県山形市の呉服屋です。
P1040896.jpg


先日、着付教室の生徒さんと一緒に“ゆかたでランチ”に行って来ました(*^o^*)

お店は…山形市風間にある、隠れ家的レストラン“アロマテラス”。
私達はお魚コースを頂きました(^-^)とても美味しかったです。

ご一緒に出かけた生徒さんは、教室に通い始めて1年の方、5ヶ月の方々です。
この数ヶ月で、随分着付けの腕が上がりました。
これからが更に楽しみです(*^o^*)また、ゆかたや着物でお出かけしましょうね!


| kinrandonsu | キモノでお出かけ | 23:44 | comments(1) | trackbacks(0) |
涼しそうで、エレガントで、良いですねぇ〜。
うっとり。
皆さんとても素敵な浴衣姿で、見るだけで嬉しくなります(^^)
お祭りや花火の時は、少しやんちゃと言うか「おきゃん」な感じにしたくなりますが、
こんな雰囲気のあるレストランなら、今盛んに勧められている「大人のおでかけ浴衣」を存分に楽しめますね♪
帯むすびや小物の取り合わせは・・・?と、もっと詳しく見たくて困ります。

ところで、浴衣で困ると言えば、私は今、実際浴衣で困っていることがあるのです。

一つ目は、似合わなくなってしまった若いころの浴衣をどうするか?
10代に着た物は、初めて自分で選んだお気に入り。傷んで使えないのに、捨てられません。
20代に着た物は、30代代後半に潔くバザーに出しました。色柄的には帯合わせ次第でまだ着られる。けれど思い出を捨てたくなる時って、ありますよね。
40代に買った物は現役。問題なし。
問題は30代に「いつ着るの?今でしょ!」と買った物。30代に好んで着ていたものは、死ぬまで大丈夫な感じの物もあるけど、逆に中高生が着たら上品で良いと思うのもある。好きな色柄手触りで、眺めて楽しいけど、羽織って鏡に映すと「痛い」。
これが結構な枚数溜まってたりするのです。浴衣は金額的に買いやすいし、種類も豊富で、いろいろ着てみたくなっちゃう。その結果ですね〜。

そしてもう一つの悩みは・・・言わずと知れた「それなのにまだ欲しい!まだまだ着たい浴衣がある!!それもきんらんどんすの店内に★しかも複数★★しかもすでに若すぎて似合わない物が一番欲しい(ToT)」傍から見るとバカバカしいでしょうが、本気で困っています。

浴衣好きの中には、毎年一枚浴衣を新調するのが、恒例の夏の楽しみという方もいらっしゃるそうですね。
かっこいいなー。
| 三割菊 | 2013/07/13 3:23 AM |









http://blog.kinrandonsu.com/trackback/20
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS

このページの先頭へ